円錐切除術の入院期間は?入院費用はいくら?

健康・病気

軽度異形成とはじめて診断されてから2年1ヶ月後の検診で高度異形成に進行しました。そして病院の先生のすすめで円錐切除術の手術をうけました。
今回は、円錐切除術の入院期間はどのくらい?入院費用はいくら?をご紹介したいと思います。

※病院によって治療方針や入院期間、それに伴い入院費も違ってきますのであくまでも参考程度に読んでください

スポンサーリンク

入院期間

私が入院した病院では前日入院しないといけませんでした。最短最速でお願いして、入院期間は3泊4日でした。ただし、病院の治療方針や術後の状態が良くないと入院期間はのびます。最短でこのぐらいと覚えていた方がいいでしょう

入院費用

3泊4日の入院期間で入院費用は計58,340でした。負担割合3割です。個室にするともう少し高額になると思いますが、そのぶん他の入院患者さんに気を使わなくてすみます。術後は一日ベットから動けずほぼ寝たきり状態なので結構つらいです。私は個室を希望していましたが、空きがなくて術前は4人部屋、術後は2人部屋でした。運よく術後の2人部屋ではほかに入院患者さんがいなくて個室状態でつかえたのでラッキーでした。余裕のある方は個室をおすすめします。

医療費が高額になりそうなときは

医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください。入院して手術するとなると病院側が用紙を用意してくれますので、必要事項を記入、必要書類を添付して加入している協会けんぽ各支部に送ってください。後日、限度額適用認定証が送られてきますので、入院する病院に提出すれば窓口負担が自己負担限度額までとなるので高額医療費の申請をしなくてすみます。

さいごに

入院して手術をするとなるといろんな不安要素がでてくるとおもいます。手術の不安が一番大きいかもしれませんが入院期間や費用も気になりますよね。円錐切除術の手術についての記事や術後の記事についてかいていますのでよかったら参考になさってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました