家を3軒建てたおじいちゃんに学ぶ考え方と生き方

妊娠出産子育て

自分の家が大好き。
こんにちはこゆびです。

家って一生に一度あるかないかの高額な買い物ですよね。私の旦那のおじいさん(義祖父)はそんな高額な家を3軒建てたそうです。
そのうちの一軒をリフォームして今私たち家族が住んでいます。

今回は家を3軒建てたおじいちゃんのお話です。
これを読んだら家を3軒…建てられなくとも、考え方や生き方がちょっとだけ変わるかもしれません。
※何かを保証するものではありませんので予めご了承ください

私は義祖父にお会いしたことがありません。旦那と出会う以前に他界されていました。
私たちは結婚して第二子を妊娠中にここに引っ越してきました。すでに空き家で引っ越してきた当初は義祖父が海外旅行などでいろんな国から買ってきたお土産が所狭しと飾られていました。
ところどころ劣化が進んでおり、空き家だったせいか虫もたくさん出ました。
さすがにこのままでは住めないので片付けをしていた時のこと、ある物が5枚出てきました

それはいわゆる教訓家訓と呼ばれるようなものでした。私はそれを読んでひどく感銘を受けました。
きっとみなさんの心にも響くのではないかと思います。

それでは一つずつ写真付きで紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

「心訓」 福沢諭吉

有名かもしれませんが無知な私は知りませんでした。

鬼十則

鬼です。自営業を営んでいた義祖父。さすがだと思いました。
何かを成し遂げるには鬼にならないと。

つもりちがい十ヵ条

これは”あぁなるほど。”と考えさられますね。
かんちがいは恐ろしいです。

つまずいたおかげで

何かにつまずいたり失敗することって”負”の部分じゃないですか。その”負”の部分に対して”お陰で”なんて思ったことがなかったのでこれが一番響きました。
失敗してもいいんだ
つまずいてもいいんだ
そのお陰で成長できるんだ

ぼけない五ヵ条

ぼけたい人はいないですよね。
生前、夫婦でよく大好きな旅行に行っていたそうです。私たち夫婦もそうなりたい。


いかがでしたでしょうか

自営業を成功させたおかげで家を3軒建てれた、のだとは思いますが、根本的にはこのような考え方があったんだと思います。
生きずらい世の中、いろんな人がいる世の中でこれらの内容にはちょっとしたヒントが隠されているように思います。
これらを見つけて私たちもこれを我が家の家訓にしようと決めました。受け継いだわけではありませんが義祖父からの贈り物として子供達に教えて伝えていきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
みなさんも”そのつもりでがんばりましょう”

コメント

タイトルとURLをコピーしました