「滲出性中耳炎」手術の入院期間と入院費用は?

健康・病気

うちの長女は小学1年生の夏休みに滲出性中耳炎のため、耳にチューブをいれる手術(鼓膜換気チューブ留置術)をしました
チューブは数年間いれっぱなしで今現在耳にチューブが入って約1年が経過しました

今回は滲出性中耳炎の入院期間と手術費用(入院費用)をご紹介しようとおもいます

スポンサーリンク

入院期間は?

個人病院局部麻酔手術で日帰りするか、総合病院全身麻酔手術で入院するのかどちらがいいか選択しないといけませんでした
手術中じっとしていないと危ないと言われたので総合病院で全身麻酔して入院することを選びました
娘は当時小学1年生。学校もあるので夏休み期間中に手術することを決めました

日帰りでも大丈夫な手術ですが、娘が手術した総合病院では1泊2日の入院期間が設けられました
前日入院し、手術した当日に帰ることができました

手術費用(入院費用)は?

1泊2日の入院期間と手術で費用は64,420円でした

部屋は個室で病衣も病院から借りたのでその分加算されてますが、他の入院患者さんに気を使わず済むのでそのぶんストレスは減るかなと思います

相部屋にしたらもう少し費用を抑えることができますのでお子さんの状況など考慮して選んでみてください

さいごに

自分の子供が手術となると大ごとだし心配ですよね
なんで自分の子が・・・なんて思ってしまうかもしれません
まだ小さいお子さんは自分の状況に理解できないかもしれませんが子供は親の顔色や表情をみて感じ取ってしまいます
お母さんやお父さんが不安そうにしているとそれが子供にも伝染してしまうかもしれません
心配かもしれませんができるだけ普段と同じようにお話したり接してあげてください

当たり前ですが、入院して手術するのは子供なので付き添いの親のぶんの食事やベットはありません
食事や飲み物は自分で用意しておきましょう

※ここで紹介したのは全ての人に当てはまるわけではありません。病院の方針や状況よって変わってくると思いますので参考までにお願いします

以上、最後までご覧いただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました